函館名物 ハセストのやきとり弁当

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 


函館といえば、様々なご当地グルメが有名ですが、その筆頭格が「ハセガワストア」のやきとり弁当ではないでしょうか。

ハセガワストア(通称ハセスト)は、函館を中心に展開する地元密着型のコンビニなのですが、店内にはやきとりを焼く「焼き場」まである、他では見られない、ちょっと変わったコンビニです。

ちなみに、「やきとり」という名前はついていますが、使われているのは「豚肉」です。その由来について、公式HPには以下のように書かれています。

海道の道南エリアでは、一般的に「やきとり」というと豚肉のことを指します。
道南地区は養豚場も多く、鶏より豚が安価に手に入りやすかったことが、その一番の理由といえるかもしれまん。

ハセガワストア公式HPより

私自身、高校卒業まで函館で過ごしていたので「串に刺さっている肉=やきとり」という認識で暮らしていました。東京で「やきとん」というワードにであった時には「?」のマークが。

この再現レシピは、なかなか地元に帰れずにいたので作ったものですが、やはり本家の炭火焼の焼きたてが恋しくなります。

ちなみに、お店には冷凍のものも売っているので、つい先日、実家から送ってもらいました。

フライパンで炒めるだけで懐かしの味が!

函館にお越しの際は、是非ご賞味ください。冷凍はおみやげにもピッタリですよ!